ちゅうちゅうちゅーーう(血) @ 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

ブログ

Do It Over第1回「ちゅうちゅうちゅーーう(血)」

にて佐野が音響プランMオペ、私角丸がマイクオペを担当させていただいております。

「劇団いとをかし」から新生「Do It Over」へ

記念すべき第1回の公演に携われて光栄です。

徹頭徹尾かわいい演出にあふれており、アフタートークも充実していて素晴らしい作品となっております。いとをかし時代からメンバーは少しずつ変われど、確実に積み重ねが更新されていくことに感動しています、きっと弊社ボスの佐野はより携わらせていただいた歴も長いのでお父さんの様な心持ちでオペしてると思います。

さて、このコロナ禍増えていっておりますが今回の公演は劇場にお客さんはお迎えせず、配信のみのものとなります。

それ故か、いつもより多目にマイクを仕込んでおります。

ガンマイクは8

58は2本

57が1本

PCCが5枚

と計16本に

歌のシーン用にワイアレスマイクが6本

22本です。

中でもガンとPCCはアンビエントノイズを多く含んでしまうので、今回は劇場卓に装備されているDan DuganAUTOMIXERを使いました。

AUTOMIXER公式の紹介動画ではヘッドセットを使用しているので、ガンとかPCCにも使えるのかな?とも思っていたのですが、今回仕込みマイクに入れてみてしっかりコツが掴めた様に感じます。

ノイズはざっくり1/13に減衰するのでヘッドホンでモニターしてるとその差は歴然でした。

とはいえ58や57はノイズに対する特性がだいぶ違い、それらで拾う時だけノイズがDUCKERみたくガクッと下がってしまうのでAUTOMIXERからは外しました。

(ゲインとウェイトの設定である程度馴染ませられたのですがガンやPCCに比べてそもそもあまりアンビエントノイズを拾わないので外した感じです。)

AUTOMIXERだけではなく個々にGATE等もかけております。

そんな感じでアレコレ手を尽くすわけですがやはり劇場の構造上、ヘッドホンをしていても調整室には生音も届いているので純粋なお客さんのモニター環境を会場で確認するにはなかなか難しいです。

調整室すぐの防音扉は通過出来ない様になっているので明日配信スタッフさんが入られた時にどうしたもんかと考えあぐねています。

いろいろ大変な状況ではありますが、明日は初日にして千穐楽です、最後まで丁寧に頑張ります。

あらすじ

ちゅうちゅうちゅーーう

って血を吸うぞぉー

わたしら陽気なヴァンパイア。

悩みもたくさんあるけれど

ちゅうちゅうしたらー

ヤなことぜーんぶ、ぶっとびー!

※上の文章は本編とあまり関係ございません。

出演者(予定)

相羽星良・入江美沙希(BREAK TIME GIRLS)・北野夏々

来栖美歩・崎本紗衣・鈴野いおり・高嶋杏・永岡心花・藤本ばんび

本堂杏奈・牧内莉亜・吉田有梨沙(BREAK TIME GIRLS)・渡辺梨世

脚作・演出

木乃江祐希(ナイロン100℃/コノエノ!)

日程

830日(日)

第一部≫14:00スタート

本編+アフタートーク~裏話が聞けちゃうかも?~

第二部≫17:30スタート

本編+打ち上げトーク~画面の前のみんなもカンパイ!~

【視聴チケット販売料金】

4,000/各公演

前売り特典サイン入り限定写真データをプレゼント♪

券売詳細は後日発表致します。

主催・制作:スターダストプロモーション制作3

制作協力:H.I.P.

公演に関するお問い合わせ:

H.I.P. TEL03-3475-9999 www.hipjpn.co.jp

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧