GIRLS TALK TO THE END @千本桜ホール

ブログ

GIRLS TALK TO THE END @千本桜ホール

 

音響 佐野、照明オペ 小池、照明プラン一場 が担当させていただいております。

 

いつも担当させていただいている

藤原珠恵さんの作品、

今回脚本は幸野紘子さんが担当されてます。

なかなか痛快な会話劇となっております。

 

高校生時代のガールズトークの真相が同窓会でわかる、女性ならではのトークの感じも見ていてとても面白く、さらにダンス部のお話なので劇中にダンスが盛り込まれてます。

…まさかの千本桜にムービングを仕込みました。

ダンスの振りもとても素敵で、明かりも頑張ったので(笑)みなさま楽しんでいただけるかとおもいます!

ひっそり花火が打ち上がってるのも照明プランとしてのこだわりです!

 

まだ公演中なので、いつか載せられたらと思っております。。

 

高校生チームと大人チームの公演があり

この子が大人になるとこんな感じなのかな〜という楽しみ方もあるかも?!

 

日曜まで行ってますので、皆様是非!!

 

わたしの今週は別現場にて

韓国語公演で泣いてます。。。

https://discolor-company.com/最果てリストランテ労音大久保会館rsアートコ

 

 

*****

 

藤原たまえ プロデュース

GIRLS TALK TO THE END

2020/02/04 (火) ~ 2020/02/09 (日)

 

ある高校の女子ダンス部で過ごす6人の同級生。

彼女たちの中で今一番熱い話題は
突然いなくなった部活顧問についてのこと。

その会話が終着するのは18年後、34歳の冬だった。

それぞれの“今”を生きる女子たちの
嘘と本音が交差するガールズトーク。

 

青山愛依、羽野瑠華、川嶋月、吉川ひより(ときめき宣伝部)、吉田さと、渡辺梨世、以上、高校生チーム、鳥羽まなみ、橘さり、常松花穂(劇団S.W.A.T!)、府中ふみえ(プラン計画)、堀さやか、松嶋沙耶花、以上、大人チーム

 

作 幸野紘子

演出 藤原珠恵

【照明プラン】一場美紀(DISCOLOR Company)
【照明オペ】小池芽依(DISCOLOR Company)
【音響】佐野貴史(DISCOLOR Company)
【チラシデザイン】Pirin
【制作補佐】壇世理奈
【企画・制作】藤原たまえプロデュース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧