白と黒の同窓会再演@新宿シアターモリエール

ブログ

舞台

『白と黒の同窓会』

にて照明を一場、音響を角丸がつかせていただいております。

こちらは初演の時も音響オペにつかせていただいたのですが、また一味も二味も違う素晴らしい作品になっております。

音響的には初演の時には叶わなかったBOSEの101スピーカーの導入が出来たのが嬉しかったです。

 

この物語はブルーミントという居酒屋さんが舞台なので、居酒屋やカフェによく設置してあるスピーカーを仕込んでみたかったんです。

ブルーミントのスピーカーに見立てたところから音が出ることで、物語のあるシーンでの演出が、より具象化できたのではないかなぁと思います。

 

明日で千穐楽ですが、14日(木)からは

『白と黒の忘年会』

こちらも初演に引き続き再演も音響は角丸がつかせていただきます。

精一杯頑張ります。

【あらすじ】

絵理奈が自宅に帰ってくると郵便受けに2通のハガキ。

中学校と高校の同窓会の知らせだった。

「…同時に2通も」

目を通してみると、開催日時と開催される居酒屋まで全く同じ。

すぐに誰かの悪戯を疑ったが、中学校と高校に自分を繋ぐ人物など1人もいなかった。

いるはずがなかった。

クラスのイジられ役であり逃げ出したかった中学時代。

クラスの人気者であり中心人物でもあった高校時代。

隠し通して来た全く別人の顔。

高校の同窓会には惹かれつつも、同じ屋根の下、中学校の同級生に会うのが怖かった。

両方に不参加の断りを入れようと思っていた矢先、2本の電話が掛かって来る。

中学時代のクライメイトである女番長。そして、もう1本は高校時代の大親友。

2人はそれぞれに同窓会の幹事を務めていた。

どちらにも断り切れなかった絵理奈は、両方の同窓会に参加することになってしまう。

絵理奈にとって最悪の夜、“同窓会ダブルブッキング”が幕を開ける―。

【特設サイト】

https://dp-isr.com/shirokuro_dosokai_2019/

【日程】

2019年2月8日(金)~2月11日(月・祝)

2月8日(金)19:00(A)

2月9日(土)13:00(A)/17:30(B)

2月10日(日)13:00(B)/17:30(A)

2月11日(月・祝)13:00(A)/17:30(B)

 

【チケット】

S席:8,000円

A席:5,800円

♪S席特典♪

S席限定コメントDVD付き

※特典DVDの収録は一部キャストのみとなります。(後日発表)

※当日券は500円増し。

※当日券は残席があった場合のみの販売となります。

 

【チケット販売】

〇先行販売

12/19(水)10:00~12/31(月)23:59

〇一般販売

1/4(金) 10:00~

 

♪先行販売ご購入特典♪

応援キャスト1名の非売品ブロマイド写真付き!

※応援キャストとはご購入時にアンケートでご選択頂いたキャストとなります。変更は出来ませんので予めご了承ください。

※S席のブロマイド写真とA席のブロマイド写真のカットは異なります。

※一般販売でのご購入の際にはブロマイド写真はS席・A席共に付きませんのでお間違いなきようご注意ください。

※S席特典のDVDは先行・一般販売共に内容の変更はございません。

【チケット取扱い】

<ローソンチケット>

https://l-tike.com/shirokuro_dosokai

お願い:サイトからお申し込みいただき「応援しているキャスト」選択欄のアンケートにご協力をお願い致します。

先行販売のご購入には会員登録(無料)が必要となります。

【キャスト】

玉川来夢、若林倫香、百川晴香、日向聖華、新藤まなみ、宮内桃子、石原千尋、平原ゆか、中江早紀、曽我部英理、真野未華、高坂琴水、甲斐ゆいか、森山瞳、高松優安、田沢涼夏、杉原枝利香(A)、青野未来(A)、時梨まりな(A)、大塚結生(A)、黒崎ひまり(A)、速水うた(A)、神崎晴香(A)、神田緋那(A)、大月めい(B)、珠居ちづる(B)、佐倉唯菜(B)、佐藤仁(B)、松野允彦(B)、丸岡雅(B)、あさこ(B)

【スタッフ】

脚本:フルタジュン(劇団フルタ丸)

演出:畑中晋太郎

舞台監督:藍/森貴裕(M.T.Lab)

舞台美術:森貴裕(M.T.Lab)

音響:角丸雄亮(DISCOLOR Company)

照明:一場美紀(DISCOLOR Company)

宣伝美術:奥村徳啓

カメラマン:下田雅博

衣裳プラン:moco

ヘアメイク:赤井瑞希/松井 風生香

製作・プロデュース協力:SAB-on

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 5月 20日

関連記事一覧