楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜@千本桜ホール

ブログ

藤原たまえプロデュース

「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」

 

音響 佐野、照明 一場が付かせていただきました。

 

楽屋、という戯曲は

日本で一番上演されていると言われております。

わたしが新人の頃からお世話になっている藤原珠恵さんは、過去に何度も作演出をされていましたが

初の戯曲の演出、ということで、わたしもとっても楽しみにしておりました!!

 

劇中は難しい言い回しなど多く出てくるのですが、素敵な演出により、女優の強さ、儚さ、美しさがすごく伝わってきて、板の上に立つ女優さんたちが本当にかっこよくて仕方なかったです。

そして、仁平さんの美術。

楽屋という作品は、楽屋にあったアイロンの焦げ後 跡をみて、そこからインスピレーションを受けて書かれたらしい、というエピソードを教えていただき、

今回のセットには沢山のアイロン型が……なんて素敵なんだ…

 

こ、これは、気合が入る…!!

 

ということで、セットが出来上がってから少しプランを変え、明かりを作りました!

 

 

藤原さんから、今まで一緒にやってきた中で間違いなく一番いい明かりだった!と言ってもらえ、仁平さんからも素敵!とお言葉を頂けて、すごく嬉しかったです…!

キャストさんやお客さんからもありがたいお言葉を頂けて、風邪をこじらせて声が出なかったわたしですが、なんだか幸せ者でした…!!

 

***

藤原たまえプロデュース

【楽屋】

楽屋。女優Aと女優Bが楽屋で念入りに化粧をしている。今上演中なのはチェーホフの「かもめ」。主役のニーナ役の女優Cが楽屋に戻って来ると、プロンプターをつとめていた女優Dが楽屋に現れる…

2019/07/10 ~21
@千本桜ホール

〈キャスト〉
桜のどか
佐野いずみ
塩川みさこ
階戸瑠李
常松花穂(劇団S.W.A.T!)
山口紗貴
久下恵美(劇団SET)

〈脚本〉
清水邦夫

〈演出〉
藤原珠恵

〈スタッフ〉

[音響]佐野貴史(DISCOLOR Company)
[照明]一場美紀(DISCOLOR Company)
[美術]仁平祐也【A】
[チラシデザイン]Pirin
[企画・製作]藤原たまえプロデュース

 

***

 

皆さまお疲れ様でした!

これからも宜しくお願いします!😊

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧