「-絆-on stage2020」 /付き人さん5周年記念企画 「THE GREATEST ATTENDANTMAN(グレイテスト・アテンダントマン)/notall 舞台「二度恋」@赤坂RED theater

ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • ブログ
  • 「-絆-on stage2020」 /付き人さん5周年記念企画 「THE GREATEST ATTENDANTMAN(グレイテスト・アテンダントマン)/notall 舞台「二度恋」@赤坂RED theater

 

もうすぐ打ち終わりそうだったのにBACKキー押したら全部消えて「!?」ってなってる間にワードプレスさんが秒で上書き保存しちゃうのマジ怖い。

 

さて、タイトルの演目がやたら多くて?って感じだと思うのですが

私も?って感じです!

というのも、1社のお客様から「二週間ほどイベントやりたいです!」とのことで是非!!とmお引き受けしたところ

毎日違った内容(歌ダンスありあり)、がっつりお芝居が2本の内容だった!(主催者様も違った!!)

というようなところで、こんなタイトルになりました!!

 

まず-絆-on stage 2020から

山田裕貴&前田司郎の舞台「宮本武蔵(完全版)」振り返りトークショー

きたりえ、なっきぃ、キョン、タニシの
コワイイハナシ2020 〜冬〜

世志琥&Sareee「鬼に金棒」1stファンイベント

「Starry☆Sky on STAGE」クリスマスイベント

ミレニアム年末女子会 第一部 〜緋ノ篇〜 / 第二部 〜蒼ノ篇〜

あじととも。&しげ。

というようなラインナップで盛りだくさんでした!

そして

付き人さん5周年記念企画 

「THE GREATEST ATTENDANTMAN(グレイテスト・アテンダントマン)

こちらは凰稀かなめさん主演のグレイテスト・ショー●ンのパロディ的なノリで

笑いあり涙あり?のミュージカルっぽい作品と、コンサートの二本立てでした!

こちらのオペは弊社ボスの佐野さんにお願いしました!(裏でライオンさんやってました)

ので、本番の様子とかはあまり把握できていないのですが・・・

稽古や、リハ動画で拝見させて頂き、

凰稀かなめさん、お芝居もとても素敵なのですが、お芝居と歌声のギャップがあって(非常に良い意味)とても引き込まれました!マジかっけえ・・・。

 

そして

notall 舞台「二度恋」

notall(ノタル)は、「世界のみんなと一緒に育てる、次世代型ソーシャルアイドル」をコンセプトに活動している日本の6人組女性アイドルグループ。です。

人気楽曲「2度目のハツコイは存在した」の世界観を表現した、メンバー主演舞台の公演になっております!

時間がなくてこれやばいんじゃない??と思っていたのですが・・・

演出家さんが

いつもお世話になっている団体さんでダンスの振り付けを担当されている、スーパーエキセントリックシアターの小暮 邦明さんで、二人で「時間やばい!」の気持ちを共有しつつコミュニケーション多めにお仕事できたので、それだけでもかなりよかったです(←)

演出や振り付けもとても可愛くて面白くて、notallの皆さんもとても個性的でバランスの良いグループだと思いました。応援しましょう!!


あらすじ

<第一幕>
もう恋なんてしない

大失恋をしたレイナはもう恋なんて一生しないと誓った。
そんなレイナを慰めようと親友の楓は、恋愛AI「高橋くん」をレイナのスマホにインストールした。
恋愛AI高橋くんの恋愛手腕に踊らされるレイナはまた恋ができるのか?恋とは愛とはなにか?そして彼に隠された秘密、2人の運命は…。
近未来のラブストーリー。


<第二幕>
セカイを変える

最近転校してきた謎の美少女、佐藤遥。
いつもひとりでいる彼女を心配した音井結衣は、彼女に話しかけに行く。
最初は面白半分で見ていた友人たちだったが、いつの頃からか、結衣の様子がおかしくなっていく…。


<第三幕>
2度目の初恋は存在した

モテモテの有村莉彩は大学生。どうすれば彼氏ができるのか、告白されるのか、全部知っている。
それは彼女の中の恋愛マスター(片瀬成美)のおかげだった。
しかし、初恋の人の出現を前に、恋愛マスターの支配が及ばなくなっていき…!?
 

・・・というような感じで、

とにかく目まぐるしく、盛りだくさんでした!もう少しこうできたら・・・時間をかけてこうできたら・・というような課題もありますので

打ち込みスピード、対応力など、次に生かして

もっとお客様に満足して頂けるように精進していこうと思いました!

(無事に投稿できそうなところまで打ててホットしてるので、もうこのまま投稿しちゃえ・・・)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧