Re:Union@新宿シアターモリエール

ブログ

リーディング&ライブ

『Re:Union』

にて角丸が音響でつかせていただいております。

「リーディング&ライブ」

ということで朗読劇のパートも音楽ライブのパートも、さらにはアフタートークの選曲や終わりを告げるチャイムのタイミングなども含めて、音響としては非常にプレッシャーのかかる公演ですが、なんとか大きな事故もなく千穐楽を迎えられました。

 

ステージ上はこの様にマイクを10本スタンドで設置しております。

流石にこうズラッと並ぶと壮観で、もう

「マイクスタンドも美術の一部」

という風に感じたので、ケーブルのためかたにもこだわって毎回セッティングしてます。

 

さらに今回は、DTMステーション様に舞台の音響について、作曲ソフトであるAbleton社のLiveを舞台音響のポン出しに使用している例として僕のセットを取り上げていただきました。

https://www.dtmstation.com/archives/23274.html

いつもDTMについてニュースをチェックしたり、勉強させていただいてるサイトにまさか出させてもらうなんて…とただただ恐縮でしたが、とても光栄で貴重な経験になりました。

これから千穐楽ですが、最後まで丁寧に。

頑張ります。

■イントロダクション

高校の軽音部を舞台に、2050年から始まり、1990年・2019年・2035年と時代を変えながら、あるひとつの「曲」をめぐって想いを紡ぎ合う高校生たちの物語!

番組内で配信される「ボイスドラマ」は、1/24~1/27に上演される「リーディング&ライブ」へと繋がるプロローグとなります(ボイスドラマを聞いていなくても楽しめる構成にはなっていますが、あらかじめ予習しておいた方が、よりお楽しみいただけるかと思います)

物語とも連動し、キーワードともなる「テーマソング」は、作詞を「小岩井ことり」、作/編曲を「多田彰文」が担当。
なんと、出演声優による3組のユニット・3タイプ同時リリースとなります!

公演は「ドラマパート」と「ライブパート」に分かれ、物語が展開するにつれ3組のユニットのそれぞれのライブへと進行してゆきます。

ミュージカルとも、演劇とも違う、そして普通のリーディングライブとも違う「リーディング&ライブ」をぜひお楽しみください(ライブパートの時はペンライト振ってもOKです!)

そして…ボイスドラマからリーディング&ライブへと繋がった物語は、これで終わりではありません!
物語は、「テーマソング」「キャラソン」などの音楽展開や、「ライトノベル」「コミック」「2.5次元舞台」など様々なメディアへと展開し、時代を超えて音楽が紡いだ物語は、真のエンディングを迎えます。そして、2020年にはさらに大きな展開が…!?

■ストーリー

御苑学園(みそのがくえん)軽音部に代々伝わる、一冊の古いノート。
誰が、いつから始めたのかも分からないが、歴代の部員たちは誰もがノートにそれぞれの想いを綴っていた。
その中に紛れこむようにあった、ひとつの曲。

1990年、2035年、2019年、そして、2050年。
それぞれの時代に残されたまま、消えゆく運命だった曲は「タイムリープ」を通して形となってゆく。
そしてまた、それぞれの時代でも関わった者たちの運命もまた動き出す。

決して交わることのなかったそれぞれの時代を生きる高校生たちが、ひとつの曲を巡り、想いを紡ぎ合う。
それぞれが想う未来と過去、人、夢。
曲が完成した時に、待ち受ける運命とは̶̶
ボイスドラマから物語は「2.5次元リーディング&ライブ」へと繋がってゆきます(ボイスドラマを聞いていなくても楽しめる構成にはなっていますが、あらかじめ予習しておいた方が、よりお楽しみいただけるかと思います)

 

公演は「ドラマパート」と「ライブパート」に分かれ、本作の核となるある「曲」を巡り、物語が展開するにつれ3組のユニットのそれぞれのライブへと進行してゆきます。

 

ミュージカルとも、演劇とも違う、そして普通のリーディングライブとも違う「2.5次元リーディング&ライブ」をぜひお楽しみください(ライブパートの時はペンライト振ってもOKです!)

 

そして…ボイスドラマからリーディング&ライブへと繋がった物語は、これで終わりではありません。

物語は、さらに「2.5次元舞台」へと発展し、時代を超えて音楽が紡いだこの物語は、真のエンディングを迎えます。

 

皆さまのご来場、心よりお待ちしております!

 

 

 

■公演タイムテーブル

1月24日(木) 19:30

1月25日(金) 14:00** / 19:30*

1月26日(土) 14:00** / 19:30*

1月27日(日) 13:00* / 17:00

※ *アフタートークイベントあり **アフタートークイベント&ゲスト出演あり

※開場は公演開始時刻の30分前からになります。

 

【アフタートークイベント】

1/25(金)

昼公演:小岩井ことり(ゲスト)・石井マーク・黒木ほの香・成海瑠奈・高木友梨香・松井南波

夜公演:バレッタ裕・田村響華・今野優月

1/26(土)

昼公演:平山笑美(ゲスト)・小野早稀・バレッタ 裕・田村響華・松井南波・今野優月

夜公演:黒木ほの香・成海瑠奈・高木友梨香

1/27(日)

昼公演:小野早稀・石井マーク・松井南波

※1/24(木)・1/27(日)夜公演のアフタートークイベントはありません。

 

 

 

■劇場:新宿シアターモリエール

※住所:東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル2F

 

 

 

■ チケット

confetti:https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=49299&

※ご予約には会員登録(無料)が必要です。

 

【前売券】

自由席 5,800円 / キャスト応援特別席 7,800円

※キャスト特別応援席:最前列から3列目までの指定席(座席選択指定席) + 応援するキャストの限定非売品グッズを劇場ご来場時にもれなくプレゼント!

※グッズはゲストは除くメインキャストのみとなります。また、どのキャストのものにするかは会場でお選びいただけます。

※当日券(前売券+500円)は空席があった場合のみ会場販売となります。

※当日券の状況は、当日に公式ツイッターなどでお知らせいたします。

 

 

 

■キャラクター / キャスト

 

– 現代編 (2019年) –

本郷エイト / 石井マーク (ジャストプロ)

月島 汐 / 松井南波 (ヒューアンドミント)

神楽坂ゆい / 小野早稀 (ジャストプロ)

 

– 未来編 (2035年) –

新田ひかる / 黒木ほの香 (スターダストプロモーション)

宮前みや / 成海瑠奈 (スターダストプロモーション)

澄白飛鳥 / 高木友梨香 (ホーリーピーク)

 

– 過去編 (1990年) –

日比谷レン / バレッタ裕 (パワー・ライズ)

形町つかさ / 今野優月 (アミュレート)

滝野川 春 / 田村響華 (フリー)

 

– 超未来編 (2050年) –

篠崎みく / 小岩井ことり (ピアレスガーベラ) ※1/25昼公演のみゲスト出演

長崎チカ / 平山笑美 (フリー) ※1/26昼公演のみゲスト出演

 

 

 

■スタッフ

作・演出 / フルタジュン (劇団フルタ丸)

音楽 / 多田彰文 (イマジン)

舞台監督 / 森 貴裕 (M.T.Lab)

音響 / 角丸雄亮 (DISCOLOR Company)

照明 / Studio KSP

制作統括 / 水口盛道 (ヒューアンドミント) 芹沢由衣 (bluefish&Co.) 折原ちさと (ラプラス)

 

 

【協賛】

専門学校東京ビジュアルアーツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 5月 20日

関連記事一覧