表が裏@シアターバビロンの流れのほとりにて

ブログ

劇団 縁ろず屋 第7回公演

「表が裏」@シアターバビロンの流れのほとりにて

 

音響 佐野、照明一場 がつかせていただきました。

縁ろず屋さんは、リアルな会話劇をメインに上演している劇団さんです。

今回は楽屋がテーマとなっておりまして

客入れ中は、客入れ中の楽屋、ということでキャストさんは自由にアップしたり雑談したりしています。

演出の冨田さんから

スタッフさんも自由に出入りしてくださいね!

との演出をいただきまして、、

「あそこのMinのきっかけゼリフなんだっけ??」と佐野が無茶振りしに行ったり、、

わたしも「あそこのSSずらしたの誰ですかー?」などと楽屋(舞台)に上がらせていただき、楽しく会話に参加させていただきました。

内容もかなりアドリブ祭りで、とっても楽しくオペすることができました!

ちなみに写真にあります本編では一切使用しないカラフルな客入れ明かりは

ソースフォーに四色貼り合わせて作ったものです!

本編は基本ずーっと地明かりでしたので…。笑

なんせリアルな楽屋ですから!

 

バビロンにはトラという猫ちゃんもいるので

マチソワ間は癒されました。。

わたしのバイクで陽を避けるトラちゃんです。

 

そんな感じで和気藹々とお仕事させていただきました。

みなさまありがとうございました!!

 

【あらすじ】

日乃出のぼる・・・29歳舞台役者。

30歳目前にしこのまま舞台を

続けてもいいのか悩んでいる。

浦方大地・・・32歳舞台監督。

サークル時代の仲間だった、

のぼるのためにいつになく気合が入っている。

のぼるはこの作品で舞台を止めようか

悩みつつ本番を迎える。

2人はなんとなくいつもとは違う想いを

抱えながら、とうとう千秋楽。

しかし・・・

何かとトラブルが起きてしまう。

なくなる小道具、

破れる衣装、噛み合わなくなる芝居。

そんな時、ついに事故が起きてしまう・・・

最後まで無事に舞台を続けることができるのか。

のぼるは自分の意思をちゃんと固められるのか。

緊迫する楽屋からお届けいたします。

 

【出演者】

山﨑玲央

和栗みゆA

飯田菜々B

山崎愛仁

清田里美

寺田望未A

河野奈々B

佐野大輔A

三浦涼B

犬塚達都

春見しんや

 

【タイムスケジュール】

2019年4月17日(水)-21日(日)

4月

17日(水)      19:00 A

18日(木)      19:00 B

19日(金)      14:00A/19:00 B

20日(土)      14:00B/19:00 A

21日(日)      13:00A/17:00B

 

【スタッフ】

脚本演出 冨田真央(縁ろず屋)

原案 河野奈々(縁ろず屋)

舞台監督・美術 齋藤徹(明治座舞台株式会社)

音響 佐野貴史(DISCOLOR Company)

照明 一場美紀(DISCOLOR Company)

制作 佐野大輔(縁ろず屋)

フライヤー AOSHU

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧