朗読劇「星と光の旅」@労音大久保会館アールズ アートコート

ブログ

こんにちは、一場です🌻

 

今回ご紹介しますのは・・・

朗読劇「星と光の旅」@労音大久保会館アールズ アートコート

です。

こちら、音響角丸、照明プラン一場、オペ祝迫が担当いたしました。

 

✨✨✨

駅の雑踏。白杖を持った若い女性・星(セイ)が歩いている。 

…カチリ。星の白杖が、もう一本の白杖とぶつかる。全盲の青年・光(ヒカル)。

星の行先は、なんと視覚で楽しむイルミネーション。

一緒に行くと申し出る光。

そこから二人の小さな旅が始まる。

旅が進むにつれて、明らかになっていく、星の秘密と光の嘘。

重なり合っていく、それぞれが抱える心の傷。

そして、旅の終わり。 闇の中から浮かび上がったのは、想いをつなぐ美しい奇跡だったー。

 

✨✨✨

というようなあらすじになっております。

数回延期になってしまっていた公演で、やっと公演ができて本当に良かったなと思います!

本来であれば板野友美さんがご出演予定でしたが、出演は叶わず・・・お客様に向けてビデオメッセージを送ってくださいました!

 

照明的には、当初の予定だと星球を劇場全体に仕込む?というような話もあったのですが、予算的に難しいしなぁ・・・と紆余曲折ありまして、イルミネーションに見立てたキューブを設置することになりました。

美術セットのキューブの大きさやどう設置するかなど、演出家さん、舞台監督さんの間で悩んでいたそうなのですが、

稽古場行った時に「大きさはこれくらいで!!吊ったほうが絶対良いです!!」とちょっとワガママを言ってしまったのですが、素敵な感じに吊っていただけました!

たくさんのお褒めの言葉を頂けて嬉しかったです。

 

イルミネーションの光と、登場人物の気持ちなどをリンクさせたような表現も多く

あかり作りがとっても楽しかったです!

この時卓はDoctorMXでやっていたのですが

事前のデータ打ち込みの段階でPrefLight(シュミレーターアプリケーション)を使用し

作成したあかりのイメージを演出家さんに動画で送ってお互いの思考の共有などをしました!それによってよりスムーズにしかし練られた明かりが作れたのかなと思います。

小屋に入ってからは、オペレーションを円滑にさせるためのエフェクト作りがちょこっと大変でしたが、納得のいく形に仕上がって良かったと思います。

 

みなさま、ありがとうございました!!!

 

PS

確か・・・暗転中に白杖を床に叩くSEがあったのですが、場当たりの時に

舞台上でリアルにやってると思ってました、SEだった、騙されました、さすが角丸さん・・・!

 

 

 

【日程】2021年7月2日(金)~4日(日)全8回

【時間】2日(金) 16時~/18時半〜

    3日(土) 12時〜/15時〜/18時〜

    4日(日) 12時〜/15時〜/18時〜

【劇場】R’sアートコート(労音大久保会館)(東京都新宿区大久保1-9-10)

【出演】足立梨花 石田晴香 大堀恵 河西智美 

    淺川眞來 上大迫祐希 竹内寿 平井亜門 船岡咲 森のんの 福地教光 翠千賀 蘭乃はな

【演出】池畑暢平

【脚本】千葉暁史 逢澤みちる

【音響】角丸雄亮(DISCOLOR Company)

【照明】一場美紀 祝迫佳小里(DISCOLOR Company)

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧