希薄@サンモールスタジオ

ブログ

 

今週はイベント、セミナー系のオペ仕事の週です。

貴重なお話をBGMに…書いていきます。(笑)

 

 

先週から17日まで、サンモールスタジオにて

ナナシノ() 本公演「希薄」

音響 佐野、照明 一場 が付かせていただきました。

ナナシノ()さんの作品は、心臓を抉る、というか、心を突き動かすというか、、、すごく力のあるように感じます。

今回は東日本大震災を題材としており、とても深く重いお話でした。

公演始まる前に東京新聞さんから取材を受け載せて頂いたようです!

 

テクニカルもなかなか豪快?な仕掛けで臨みました。

 

ちょこっとネタバレになってしまいますが。。

冒頭の地震のシーン、目でも耳でも感覚でも、お客様に地震を体感して頂けたと思います。

照明は仕掛けバトンにゆる〜めに吊って(落下防止チェーンたくさんかけました)舞監さんに揺らしてもらいました。舞台上空で大きく揺れる機材。かなり怖いです。落下防止とは別にチェーンもたくさんかけたので金具のぶつかり合うリアルな音も生み出すことができました。

音響としては客席下にはウーファーが二発仕込んでありました、そのおかげで、客席に振動が…!

まさか、小劇場で客席が揺れる演出ができるなんて。。。

 

そして、一つだけあった緑の星に、気づいてくれた方ありがとうございます。

 

カーテンコール、あの空間の中に響くお客様からの拍手、その音だけで涙が出そうになるほどでした。

 

製作に関わった全てのみなさま、お疲れ様でした。

 

これからも私たちのお仕事が皆様に何か届けられますように!

 

PS

初日祝いとして、キャストの宮原さんからお弁当頂きました。とっても美味しかったです!

ご馳走様でした!

 

「希薄」

脚本・演出:日野祥太《ナナシノ()》

出演:植田恭平《ナナシノ()》、水原ゆき、宮原奨伍、吉岡茉祐、栗林藍希、服部喜照、小林郁香、矢野竜司《ナナシノ()》、日野祥太《ナナシノ()》

舞台監督:澤井克幸

音響:佐野貴史(DISCOLOR Company)

照明:一場美紀(DISCOLOR Company)

【あらすじ】
僕は津波に一度飲まれた
その時にはまだ、僕の左手には、あの人の右手の感触があった
ただ、波から逃れる事が出来た時、左手にはその感触がなかった
そこにあるべきものが、そこには何もなくなっていた
あの日から7年
今でも、ふと、あの感触を思い出す。
そう、たった「ふと、」にしか…

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧