奏心〜最強と謳われた剣士〜@キンケロシアター

ブログ

東出有貴プロデュース

「奏心〜最強と謳われた剣士〜」@キンケロシアター

 

音響 佐野、照明 一場 が付かせていただきました!

 

キンケロシアターでプランは初めてだったのですが、新人の頃わけもわからず増員で入った小屋で、なんだかトラウマを抱えていたのですが、これで克服できそうです!笑

 

東出さんの作品は一作目から携わらせてもらっており、

派手なアクション、充実のコメディシーン、歌やダンスと盛りだくさんで、毎回楽しませていただいてます!

そして…作品の見せ場としても照明の見せ場としても、譲れないのが

オープニングのダンス!

これがとにかくかっこいいんです。

ちらっと写真を…!

 

キンケロシアターはCLの回路が少なく…

知り合いの照明さんに相談したところ、ユニット持ち込んで回路増やすのを基本としているようでした。

わたしは回路は増やさず、持ち込みMVにてオープニングのキャストさん連続紹介のサス取りに挑戦してみました。

LEDの機材なので、カットイン、カットアウトが気持ちいいんですねーこれが!なのに、ふんわりとした色味とエッヂで、しっかり馴染んでくれました。

 

バシッと決まるので、すごくメリハリがだせます。

例えば三人の紹介があり、そこの3箇所インアウトする場合…

一般灯体で行えば、タイミングは同じですが、若干のラグや残光が残ったりします。

ピンスポット3台で行えば、C.I C.Oはできますが、3人が0.何秒の世界できっかけをあわせなければなりません。多少のズレは生じる可能性があるわけです…。

 

そこでLEDのMVにて行うことにより、ぐいぐい動かなければサス取り放題。(プログラムは死ぬほど大変だけどね!)

そしてピンスポットだと思ってみてたお客さんは「なにこのセンターさん(ピンスポットを操作する人たちのことです)、インアウトの3人の息ぴったりじゃん!!どーなってるの?!?!」てな感じになるわけです。

…そんなこと考えて見てるお客さんなんて滅多にいないか…。

 

奏心〜最強と謳われた剣士〜

 

【キャスト】
 
有貴
渡邉ひかる
増田智彦
藍菜
倉持聖菜
西谷麻糸呂
百合沙
神山慎一郎
豊川久仁
片山隼
下村尚史
馬場秀和
那須佳瑛
 
アンサンブル
濱田隼輔    
平野浩太郎
松浦暁人
 
【スタッフ】
 
プロデューサー・有貴
音楽プロデューサー・透ch
舞台監督・はじり孝奈(obbligato)
舞台美術・はじり孝奈(obbligato)
音響  佐野貴史(DISCOLOR Company)
照明  一場美紀(DISCOLOR Company)
制作・吉崎小百子
衣装・有貴
 
【ストーリー】
 
時は戦国時代。 
多くの剣豪が全国に誕生する最中、別格の強さを誇った剣士がいた。 
その男の名は『争神(そうしん)』
 
戦国時代も終わりを迎えようとしていた時【争神】は突如戦場に現れることなく、彼の名前や実力は最強の剣士とゆう噂だけを残し、その後、彼の姿を見た者はいなくなってしまった。 
 
時は経ち戦乱の世は落ち着いたが、世間は貧富の差が生じ、荒れ果てていた。 
そこで誕生したのが『賞金稼ぎ』とゆう職業であった。 
「罪を起こしたものや、腕利きの剣士の首をとってきた者に賞金を払う」と時の権力者は人々に一攫千金を狙うチャンスを与え、再び争いが耐えない世の中になっていた。 
 
色んな剣豪の首に賞金がかけられたのだが、もちろん、かつての最強の剣士『争神』の首にも賞金がかけられた。
その賞金は他の剣豪達とは比べ物にならない額であるが故、人々は『争神』の首を追い求め奮い立っていた。 
 
その頃、賞金稼ぎとして活躍していた女剣士『春花』はたった一人の家族だった兄の仇を討つために『争神』を追い求め、やがて全ての真実に辿り着くのであった…
 

 

公演中に、怪我をされて降板の方が出てしまったのですが

皆さんの絆にカーテンコールでわたしもガチ泣きしてたのは、秘密です。。。

本当に素敵な座組みでした。

 

皆さまありがとうございました!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧