二酸化炭素/8年目の電話@中野ウエストエンド

ブログ

ナナシノ() 公演

「二酸化炭素」

そして同時上演、「8年目の電話」

 

音響 佐野、照明 一場が付かせて頂きました。

 

なんだかバタバタしており、更新が遅くなってしまいました。。

 

ナナシノ()さんは、いつもとんでもない作品を作り上げてきます。

また、その作品のお手伝いができて光栄です。

 

まずは、「8年目の電話」。

この作品は、ナナシノ()のメンバー3人だけの出演で、東日本大震災を題材とした作品でした。

オープニングからぐっとひきこまれ、津波から逃げるため舞台上をひたすら走り回る演出に圧倒され、こんな言い方はあっているのかわかりませんが最後には少しだけ前向きになれるようなとても人間らしい作品となっておりました。

照明的には、以前の作品である「希薄」を彷彿とさせるシーン、大槌にある「風の電話」をイメージした窓ネタ作成など頑張ってみました!(写真はないです。。)

ナナシノ()の演出、日野さんは実際にこの作品の元になっている大槌に行き、その空気を感じて、作品を作られたそうです。

とにかく日野さんの作る世界は素晴らしくて、たった3回しか公演をしなかったのが本当にもったいなくて、、もっとたくさんの人の目に触れて、そして感じて頂きたい作品でした。

いつかまた違う形でも、やってほしい!と思ってます。

 

そして、「二酸化炭素」

 

この作品は、近年日本で起きた様々な事件をモチーフに描かれております。

こちらも衝撃の始まり方、そして夢から覚めないままのようなまるでまだ続いているかのようなラストの演出です。

自分の中では終わっている気がしても、他人の中では世界のどこかではまだ続いている、というような感覚を表現されていました。

圧巻の作品でした。

照明は不幸に襲われる女の子の前に広がる現実、空想をこの作品に合うような色合いと、わたし的ナナシノ作品のイメージで表現してみました。

客席の構造やタッパもあり、仕込みシュートががなかなか大変でしたが、諸々工夫してなんとか形にできたかと思っています。

繊細な作品だけありまして、ウエストエンドスタジオは、上階からのバンドの音が残念でしたね。。。

 

ちなみにさきほどの写真は完全なる趣味の一眼レフで撮ってみました。笑

 

みなさま、ありがとうございました!!!

○○○

ナナシノ(    )本公演
『二酸化炭素』
《この物語は忘れられてる命を思い出す一つの手段に過ぎない》
【脚本・演出】日野祥太
【あらすじ】
2014年6月。新宿の南口の歩道橋で一人の男が反政府を唱い、焼身自殺をしたその日、女子高生「いずみ」は強姦を受けた。
いずみの妹「ほのか」は、アイドル活動をしているが、事務所への不満が溜まり、親や友人への相談を禁じられることへのストレス、金銭面などの理由で追いつめられていた。
ある日、深刻な顔をする母親の口から出たのは、焼身自殺をした男が、小さい頃に母親と離婚した自分達の父親だという事だった。
【出演】
楠世蓮
木村なつみ
笑子
碧乃美月
多田無情
中村光秀
永見航介《劇団喫演所》
植田恭平《ナナシノ(   )》
矢野竜司《ナナシノ(   )》
【日時】
3月13日(水) 19時
3月14日(木)14時/19時
3月15日(金)19時
3月16日(土)14時/19時
3月17日(日)19時
3月18日(月)19時
3月19日(火)14時/19時
3月20日(水)14時/19時
3月21日(木)14時
開場・受付=30分前
☆☆☆☆【同時上演】☆☆☆☆
『8年目の電話』
ーたった3人で贈る、東日本大震災との対話ー
【作・演出】日野祥太
【出演】
矢野竜司/植田恭平/日野祥太
【日時】
3月15日(金)14時
3月17日(日)14時
3月18日(月)14時
開場・受付=30分前
【会場】
中野ウエストエンドスタジオ
西武新宿線:新井薬師前駅より徒歩7分
JR(中央線、総武線)、東西線:中野駅より徒歩15分

 

舞台監督:二宮清隆

舞台美術:多賀慧

音響:佐野貴史(DISCOLOR Company)

照明:一場美紀(DISCOLOR Company)

制作:山本真梨子

宣伝写真:上田晋也

宣伝モデル:夏目志乃

宣伝文字:佐藤あみ

宣伝美術:小林郁香

劇中歌:湯木慧

振付:西條智鶴

企画製作:ナナシノ()

○○○

 

ただいまシブゲキにて「PINK」公演中!

また追って更新します〜〜!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧