レスティリズム〜1carat〜@新宿村LIVE

ブログ

朗読劇「レスティリズム〜1carat〜lasterisme」

音響プラン佐野、そして音響マイクオペ・映像オペを急遽訳あって一場が入らせていただきました。

音響オペは佐藤ちゃん、照明は山岡さんにして頂きました。

いつもありがとうございます!

さて、本番中の私は・・・まずはOP映像を叩きます。映像終わり本編が始まったら、音響卓へ移動。常に役者さんのセリフに合わせてヴォリュームを微妙に調整します。劇中の映像使用のタイミングがくる少し前に映像卓に移動、投影終わったらまた音響へ、そして本編のライブパートでは、PA、というか、ボーカルがソロもユニゾンもいい感じに聞こえるように調整(なんて言ったらいいんでしょう・・・?)して、終わったら速攻エンドロールを流しに映像卓へ・・・というような流れでした。なかなかよい経験をさせて頂きました!

そして、なんとなんと、千秋楽が21:30に終演、21:45からバラシ(もちろん照明)という超超過密スケジュール。なかなかよい経験をさせて頂きました。笑

そんなこんなで、新宿村3週連続現場、無事に終えることができました!

関わった全ての皆様、ありがとうございましたー!!

 

2018年11月10日(土)・11日(日)
東京都 新宿村LIVE

演出:畑中晋太郎

キャラクターデザイン:すめらぎ琥珀

企画:レスティリズム

***

占いの館、レスティリズム。

かつてそこは、館の主と12の誕生石たちが多くの悩める人を救う場所だった。

誕生石たちは主の力により人の姿となり、各々が持つ力を人々に分け与える。

救った人々の笑顔はエネルギーとなり、主の能力へと還元される。

ここはそんな場所だった。

あの日までは……。

館も今では廃墟となり、誕生石たちも人々にはただの石にしか見えない。

みんなのリーダー的存在であったサファイアも、今では別人のようになってしまった。

あの日、一人の不幸な少女が館を訪れた。

誕生石たちは力を分け与え、彼女は笑顔になる。そんないつも通りの日常なはずだった。

しかしそこで事件が起き、それと同時に主も失踪してしまう。

力を失った誕生石たちと、寂れた洋館だけが今もそこに取り残されている。

けれど彼らは諦めていない。

サファイアが昔の様に笑うことも、

主が戻りまた人々を救えるようになることも。

Etoile
朝霧友陽、山本和臣山下誠一郎、野上翔、坂田将吾、小林竜之

Lune
石毛翔弥、渡辺紘、市川太一、米内佑希、小林千晃、室元気

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧