モーレツカンパニー「教えてほしい」@東松原駅ブローダーハウス

ブログ

こんにちは、一場です🌻

モーレツカンパニー第5回公演

「教えてほしい」@ブローダーハウス

照明一場が担当しております!

モーレツカンパニーさんは

「俳優」と「芸人」と「放送作家」で形成された少しだけ異色なコメディ団体。2014年、演劇で知り合った仲間たちが集まり旗揚げ。作品を観た方が、笑う事により少しでも前向き になれたら……そんな”モーレツスピリット”で活動していらっしゃる団体さんです!

前回から携わらせて頂いているのですが

本当に雰囲気のいい素敵な方ばかりが集まっています!本編も笑えて泣けてほっこりして、もうとっても良いんです…!

スタッフ陣も、良い方ばかり揃ってます…!!

 

さてさて、今回脚本演出を担当されている

たかはCさん!

個人的な話になりますが…わたしはさまぁ〜ずさんの番組が大好きで、特にさま×さまファンだったのですが…

さま×さまの構成をたかはCさんが担当されていたもので…もう…ワクワクのソワソワです…!間近でこの人の作る姿が見れるぞ…と!!返し稽古なんて、ブースの影からにんまりして見ております。

「一場さん、あれ面白いですか?どう思います?」

なんて聞いてくださり、(もちろんクソおもろい)

もっとこうかな?と、キャストさんと試行錯誤している様子を見て、ゲラゲラ笑う毎日を過ごさせて頂いております。なんと幸せ者か…。

 

照明的には、この可愛いセットを美しく見せるのと、心情に合わせたフェードをできるよう心がけました!

温かな作品なので、すべて一般灯体で望んでおります。久しぶりのフェーダーオペなのでドキドキしてますが…。なんだか取り戻してきました、あの頃の気持ち…!丁寧に頑張ります!

 

セット可愛い。すりガラス定規可愛い。

 

🏫🏫🏫

モーレツカンパニー第5回公演

「教えてほしい」

脚本・演出:たかはC

 

【あらすじ】

担任の先生が教室でギターを弾いた。

小学生だった私にとって、先生は絶対的に大人な存在で遠くに感じていた。

でも、ギターを弾いているときの先生は違った。

いつもの先生とは別人で、近くに感じた。

あれから十数年。今、私は教師を目指している。

正直、教師に向いているかどうか自分じゃわからない。

私も先生のような教師になれますか?

教えてほしい。

 

【日程】

2021年11月18日(木)~11月21日(日)

11月18日(木)18:00開演

11月19日(金)13:00開演/18:00開演

11月20日(土)13:00開演/18:00開演

11月21日(日)13:00開演/17:00開演

(全7公演)

※開場は開演の30分前となります

 

【劇場】

ブローダーハウス

https://www.broaderhouse.com

156-0043 

東京都世田谷区松原5丁目27−10

T E L:03-3324-0919

京王井の頭線「東松原駅」徒歩1分

※専用駐車場・駐輪場はございません

 

【チケット】

全席自由席

前売・当日:3,000円(税込)

学割:2,500円(税込)(※要予約・要学生証)

 

【取り扱い】

カルテット・オンラインご予約URL

https://www.quartet-online.net/ticket/oshietehoshii

10月8日(金)〜ご予約開始!

 

【キャスト】

黒木美結

糸柳澄人

上田理絵

中沢徳人

(上記モーレツカンパニー)

コロンボデンゾー

永尾宗大

大島祐也

 

【スタッフ】

舞台監督:新井和幸

舞台美術:愛知康子

照明:一場美紀(DISCOLOR Company)

音響:大倉栄人(劇団わ)

映像制作:高尾あずみ
フライヤーデザイン:カワタツ美術館

演出助手:野村浩二/佐々木加奈子

制作:高柳有希/モーレツカンパニー

 

【協力】

シーグリーン

着火塾

number2

Grist

(敬称略・50音順)

 

スペシャルサンクス

TORTOISE CO., LTD. KELME JAPAN

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧