ファイアマンの遺言@BASE THEATER

ブログ

演劇集団ACTORS TRIBE ZIPANG立ち上げ公演

『ファイアマンの遺言』

にて角丸が音響でつかせていただいております。

秦建日子先生の作品は小さい頃からドラマなどで拝見していたので、当作品初の舞台化ということで光栄に感じております。

音響的には、パフォーマンスで下手にドラムと上手でタップダンスが同時に行われるということで、コンパクトな会場ながらも音像的なバランスを取るためにマイクを上下両サイドに仕込み、調整しております。

さらに劇中ナレーションを流すタイミングが様々あるのですがとあるシーンではなんとルー大柴さんがご出演されています!

録音も担当させていただいたのですが、現場に到着するや

 

「クイックルに録ろう!」

 

と第一声笑

見事1発OKでクイックルなRECが出来ました!

 

さて音響とは別の話なのですが今回制作の志水さんが劇中の小道具で素敵な演出をして下さいました
コチラはその原稿なのですが…

私、カクマルの会社が、地図が出来ました笑
この遊び心、毎回脱帽します!

本日は3公演、明日は千穐楽と山場になります。

最後まで丁寧に、頑張ります!

 

【公演内容】

大ヒットシリーズ《アンフェア》の原作者、秦建日子の小説『ファイアマンの遺言』が初舞台化。

主人公の峯岸亜希を演じるのはNHK朝の連続テレビドラマ《まんてん》で主演を務めた後に数々のドラマ、映画で活躍する宮地真緒。

些細な喧嘩から消防士である夫、健文を笑顔で送り出すことがが出来なかった亜希。しかし彼女の元に愛する夫が戻ってくることはなかった。

健文の殉職を招いた放火事件から街では夜回り隊が結成され、健文の行き付けだった居酒屋の大将玄太がリーダーに、同級生の二弥子と店に立ち寄りそれを知った亜希は夜回り隊への参加を志願する。

捜査が進む中で徐々に浮かび上がって来た犯人は意外な人物だった・・・。

ある勇敢な消防士の殉職から遺された者たちの愛と葛藤と再生の物語。

脚本・演出・出演をするのはつかこうへい門下において秦の妹弟子となる鳳恵弥、今回が初脚本となり、彼女自身が首魁を務める演劇集団ACTORS TRIBE ZIPANGの立ち上げ公演にもなる。

また公演のメインビジュアルは漫画家として『サイレントメビウス』などのヒット作を生み出し、アニメーターとしても『宇宙戦艦ヤマト2199』の原画やマーベル作品の作画も担当するなど世界的に活躍する麻宮騎亜が描く。

1017日~20日まで、池袋シアターグリーンのBASE THEATERにて

この作品を私たちの日常を護るため、日々勇敢に闘う消防士の熱き魂に捧げます。

【公演ホームページ】

https://twitter.com/stage_ATZ

【出演】

宮地真緒

鳳恵弥

塩出純子

谷川功

南千紗登

かみぐちゆうか

亀吉

岸野佳乃子

吉本明加

デビル剛犬

金川翔

湯野謙吾

兼尾洋泰

上森ひろみ

藤崎由真

山田真央(炎)

高崎実海(魂)

若松俊秀

【スタッフ】

脚本・演出: 鳳恵弥

総合演出: 中野敦之

原作: 秦建日子 『ファイアマンの遺言』(角川書店)

執筆協力: 最上奈緒子(角川文庫)

メインビジュアル:麻宮騎亜

音楽:むんむ

舞台監督:村雲龍一 / 矢崎和哉 / 新井和幸

照明:山岡茉友子

制作:志水淳 (Rebel Group)

音響:角丸雄亮(DISCOLOR Company)

【公演スケジュール】

<期間>

20191017 () 20191020 ()

<公演日・開演時間>

【一部Wキャスト=炎/魂】

1017() 15:00【炎】 / 19:00【魂】

1018() 14:00【魂】 / 19:00【炎】

1019() 12:00【炎】 / 15:30【魂】 / 19:00【炎】

1020() 12:00【魂】 / 16:00【炎】

※開場は、開演の30分前です。

【劇場】

シアターグリーン BASE THEATER

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧